正しい履歴書の書き方を知ろう

自分の名前や住所などは、相手に必ず伝えなければいけない部分です。 特に気合を入れて記入してください。 名前や住所だけでも、様々な決まりがあります。 また写真を添付することも、忘れないでください。 外見から、自分の魅力や良さをアピールすることができます。

封筒にも書き方がある

会社の面接に行く時は、履歴書をそのまま持って行かないでください。 むき出しの状態で相手に見せることは、失礼な行為になります。 封筒に入れて持って行きましょう。 封筒にも、きちんと宛名を記入してください。 また、持って行かないで郵送で送る決まりの会社もあります。

自分の想いを履歴書で伝える

実際に会って面接をする場合は、口頭で自分の魅力や才能を伝えれば良いと思っている人が見られます。 ですが面接する時間は限られているので、口頭では伝えきることができないかもしれません。 履歴書に記入すれば、相手はじっくり読めるので自分のことを分かってもらえます。

最も大事な情報を伝えよう

多くの企業では、履歴書をとても重要な存在として見ています。
履歴書を見ることで、相手がどのような人物なのか分かります。
丁寧に記入されていれば、きちんとした性格で仕事も丁寧に進めることができる人間だと判断してもらえるでしょう。
ですが汚い履歴書だと、仕事も雑に済ませる人間だと思われてしまいます。
仕事を丁寧に進めることができない人間は必要ないので、履歴書を見ただけで不採用になります。
転職を成功させるためには、履歴書を丁寧に記入することを意識してください。

履歴書には黒のボールペンで記入すると思いますが、太さにも注目しましょう。
細いボールペンでは、読みにくく感じる可能性があります。
ですが太過ぎても、滲むので字が汚く見えるかもしれません。
ちょうど良い太さのボールペンを使ってください。
自分の筆圧にもよってベストな太さが変わるので、他の人に意見を聞いても良いボールペンを見つけることはできません。
いくつか太さの異なるボールペンを試せば、自分にピッタリの太さが分かります。

初めて就職する時も履歴書を記入したので、今さら勉強しなくても書き方を理解していると思っている人がいるでしょう。
ですが新社会人が書く履歴書と、転職する人が記入する履歴書は微妙に内容が異なります。
新社会人の時と同じように記入すると、自分の魅力や才能が上手く相手に伝わらないかもしれません。
転職する時に注意したいポイントを把握してから記入しましょう。